文字サイズ

ご予約・お問い合わせ

06-6994-0918 メール受付 診療予約

京阪電車守口市駅すぐの「三浦歯科医院」

医療法人 三浦歯科医院三浦歯科医院

ご予約・お問い合わせ 06-6994-0918 06-6994-0918 メール受付 診療予約

診療案内

歯周病

~歯を失う原因に最もなりやすいのが歯周病です~

歯周病とは

「日本国民の成人の約8割が歯周病患者と言われている時代だが、そもそも歯周病とはどんな病気なのかということを詳しく知っている方は非常に少ないのが現状であります。

そのため、歯周病に特化した治療を受けなかった多くの方が自覚症状の少ないまま歯周病が進行して歯が抜け落ち、大きなショックを受けられています。

私たちの生命活動は食べることからはじまります

口は言うまでもなく体に栄養を運ぶための第一消化器官です。
歯を失うということはその咀嚼機能がどんどん低下していくわけですから当然体にも影響がでてくるわけです。

顔の周りの筋肉も衰えてきますから、総入れ歯の方などは特に顔がたるみ、口元が収縮しシワが増え、食事や会話にも支障がでてきます。

歯周病

歯周病は細菌感染症のひとつです

歯にこびりついている歯垢(プラーク)のわずか1mg中には約10億もの細菌がすみついていると言われております。
その中でも歯周病に関わる歯周病原菌といわれる細菌が歯の周囲で繁殖し、毒素を作り出します。この毒素によって歯肉に炎症が生じて、腫れたり出血しやすくなってきます。

歯周病

歯周病チェックをしてみよう!

3つ以上当てはまった方は歯周病に感染しているかもしれません。

  • 歯磨きをしていて出血することがよくある
  • いつも同じ箇所に食べカスがつまる
  • ぐらつきを感じる歯がある
  • 歯ぎしりやくいしばりをよくしている
  • 1年以上歯医者さんに行っていない
  • 口臭がすると人に言われたことがある
  • 歯肉が腫れたり、赤黒っぽい色をしている
  • 糖尿病にかかっている
  • タバコを吸う
  • 歯並びが悪い

歯周病治療とは

歯周病は適切な治療を受ければ進行を抑えることができる病気ではあります。三浦歯科では様々な治療法で疾患の進行防止に取り組んでおります。

歯周病治療の流れ

1歯周病検査

歯と歯肉の間にある歯周ポケットの深さを測定していきます

2検査結果のご報告・生活習慣指導

3基本治療

歯垢や歯石の除去をしていきます(数回の来院が必要です)

4再評価

歯周病

リグロス(歯周組織再生療法)

リグロス(歯周組織再生療法)

"世界初"歯周組織再生薬剤と言われているのがこのリグロスです。
歯周病の治療薬は他にも多数ありますが、近年このリグロスの治療によって多くの歯周病患者さまが救われていることが報告されています。

長年、様々な歯周病治療を頑張ったけれどなかなか改善できなかった方、できるだけ歯周病による抜歯を避けて自分の歯を残したい方にオススメの治療法です。

リグロスの治療方法

リグロスの治療方法

手術後の注意事項
  • 抜糸するまで手術部位には触らないでください。(歯ブラシを含む)
  • 手術当日は、強く口をゆすぐことや、飲酒などは避けてください。
  • お風呂は湯船に入らず、シャワー程度としてください。
  • リグロスの作用により手術部位が腫れたり赤くなる場合があります。

多くは数週間以内で治まりますが、もし症状が続いたり痛みや違和感を感じたりした場合には当医院の歯科医師にご相談ください。

リグロスの治療効果

リグロスの細分は細胞を増やす成長因子です。この成長因子の作用により、歯周病で破壊された歯周組織の再生を促進します。ですので現在歯がぐらついている方でも十分にご自身の歯を温存できる可能性が高いと言えます。

リグロスの最大のメリットは保険診療で受けられること

最新の治療となるときっと治療費も高額になるのでは?と不安な方も多いと思いますが、実はリグロスは保険が適応される治療なのです。ですので、治療にも費用にも抵抗があってなかなか本格的な歯周病治療に進めなかった方も、安心して受けられる治療です。

その他の治療方法

抗生物質療法

抗生物質療法とは

医科のほうではよく処方される薬ですが、菌を殺す作用のある薬ですので歯科でも取り扱っております。
特に当院では、重度歯周病に治療の一貫として処方させていただくことがあります。必ず決められた時間・回数を守って服用してください。

オーグメンチン・フラジール
服用方法 1日2回(朝・晩)8日分
効果 出血が止まり、歯肉が引き締まります(4日目くらいに効果が出だします。)
副作用 尿が黄色く濃くなります。
男性の方はお腹がゆるくなることがあります。
費用 1,650円(税込)~4,400円(税込)

無痛光殺菌「PDT」による歯周治療

PDTとは

PDT(photo dynamic therapy)は光線力学療法と呼ばれる薬を使わない光による殺菌システムです。

PDT治療の原理

バイオジェルと呼ばれる染色液で歯周病菌を染めます。
このバイオジェル光感受性物質と言い、光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させる事が出来ます。
この生体に安全な活性酸素(一重項酸素)は細菌を殺す特徴があります。

PDT治療の流れ

1バイオジェルを歯周ポケットに注入

2無痛レザーを1分間照射

3死滅した菌を洗浄

PDT治療の特徴
  • 薬を一切使用しない
  • 耐性菌が発生しない
  • 副作用が起こりにくい
  • 全く痛みを伴わない
  • 手軽に何回でも処置できる

* ほとんどの場合1回〜3回の処置で改善します。改善後も予防のために4ヶ月おきの受診をお奨めします。

費用 1歯あたり 4回分 5,500円(税込)

治療の流れ

治療の流れ
三浦歯科医院での治療の流れをご紹介します。

詳しくはこちら

料金表

料金表
各診療の費用をご紹介します。

詳しくはこちら

院内設備の紹介

院内設備の紹介
治療に使うさまざまな設備をご紹介します。

詳しくはこちら

お問い合わせ

診察のご予約・治療に関するご不明点やご相談はお気軽にお問合せください。

お電話の方はこちら

06-6994-0918

メールの方はこちら

ご予約・お問合せフォーム